診療報酬ファクタリング

診療報酬ファクタリング-医療機関専門の資金調達の方法

診療報酬ファクタリングの手数料の相場は?

更新日:

 

手数料の相場

 

ファクタリングを利用する場合は、ファクタリング会社に手数料を支払うことになります。銀行などの金融機関からの借り入れや融資は、長期間に渡り金利を払っていくことになりますが、ファクタリングの場合は長期での返済ではないため、一回利用するごとに手数料を支払うことになります。

 

ファクタリングの手数料は高い!?

一般的なファクタリングの場合は、支払う手数料が少し高目になるというデメリットがあります。ファクタリングの場合は融資や借入には当てはまらないため、金利ではなく手数料という呼び方をします。債権として買い取ってもらい、各ファクタリング会社が定める手数料を引いた額がファクタリング会社からあなたの会社に振り込まれます。

通常のファクタリングの場合は、手数料が少し高いのがネックになります。ファクタリング会社によっては、20%ほどの手数料をとる場合もあります。

では、なぜそこまで高額なのでしょうか?

それはファクタリング会社にとって、リスクが高い債権があるからです。たとえば製造業や小売業などをしている一般の会社の場合を例にとってご説明いたします。仮にこれをA社とすると、A社は取引先のB社に商品を納品することで売掛金が発生します。ファクタリング会社はこの売掛金を債権として買取ることになります。しかし、もしその売掛先の会社が突然倒産してしまったらどうなるでしょうか?当然回収することができませんから、それは不良債権となってしまいますよね。そういったリスクがあるので、通常のファクタリングは手数料が高く設定されています。

倒産などのリスクがあるため、一般のファクタリングは手数料が高い

 

しかし診療報酬ファクタリングの場合は違います。

 

診療報酬ファクタリングの手数料は安い!

 

診療報酬ファクタリングの手数料はとても安いんです。それはなぜでしょうか?それは繰り返しになりますが、診療報酬という国から支払われるものを債権として買い取っているからです。約2か月後には確実に国保連から入金され回収することができます。

 

通常のファクタリングの場合は売掛先の会社が倒産するリスクがあります。しかし、当然国が倒産することはありませんので、ファクタリング会社からすれば、これは確実に回収できるリスクのない取引と言えるんですね。ですから診療報酬ファクタリングに限って言えば、手数料は非常に安くなります。

ファクタリング会社の多くは、診療報酬ファクタリングに限り1.5%~5%の手数料が相場になります。何度も取引をしたり実績がついていけば、手数料が安くなっていく場合もあります。金利よりも安い手数料で賢く資金調達をして、経営の安定性を維持していくことができますね。

 

診療報酬債権は信用度100%!!

確実に回収できるので手数料が安い

 

それで通常のファクタリングは手数料の高さが利用する上ではデメリットになりますが、診療報酬ファクタリングに限って言えば手数料がデメリットになることはありません。

 

診療報酬ファクタリング-医療機関専門の資金調達の方法 TOPページへ

 

-factoringQ&A

Copyright© 診療報酬ファクタリング , 2019 All Rights Reserved.