診療報酬ファクタリング

診療報酬ファクタリング-医療機関専門の資金調達の方法

病院経営が苦しい:なぜ銀行は融資を渋るのか?

更新日:

 

銀行融資

 

全国の医院やクリニックの実に4割は赤字と言われています。地域差もあり、かなり経営が厳しい医療機関が増えています。そういった中で資金繰りを良くしようと銀行などの金融機関からの追加融資や借入を期待する場合もあります。でも現実は厳しく銀行は融資を渋る傾向が強くあります。

 

なぜ銀行は融資を渋るのか?

銀行が融資を渋る傾向が強いのにはいくつかの理由があります。どんな理由があるのかを見ていきましょう。

 

歯科医院は断られる可能性が高い

一時的に経営が厳しくなって、その際に銀行からの融資や借入をお願いしたい訳ですが、歯医者さんの場合の追加やつなぎ融資はかなり断られる可能性が高いと言えます。歯科医院は実は銀行にとって要注意な職種とされています。これは歯科医院や歯科クリニックがコンビニよりも多いと言われていて、競合が多い中で生き残っていくのは並大抵なことではないからです。歯科医院経営のそういった現状をよく知っている銀行は、歯科医院には融資を渋る傾向がかなり強いと言えます。

 

法人化していない場合

比較的小さな医院やクリニックなどは医療法人化をせずに個人で経営している場合もあります。そういった場合も、信用度からして融資を断る傾向があります。一般の借入や融資も、個人経営いわゆる自営業者への融資を渋る傾向がありますが、それと同じと言えます。

 

すでに返済が滞っている場合

多くの医院やクリニックは開業資金を銀行から借り入れています。その際は綿密な事業計画書を提出してそれをチェックされてそして融資許可が下りて晴れて開業となったと思います。しかし追加融資やつなぎ融資を依頼するということは、当初の計画通りにはいっていない可能性が高いと言えます。そしてそのような状況の場合は、銀行への返済のリスケがすでに行われていたり、一時的に返済が滞っていたりする場合もあります。そうなると銀行は当然追加融資を承諾できないことになります。

実はこれは金融庁から出されている金融検査マニュアルにそのような規定があるからなのです。この金融検査マニュアルは366ページからなる膨大なものなのですが、この中ではどういう取引先には積極的に融資し、どういう取引先には融資をするべきではないかといったことが書かれています。

 

抜粋すると以下のようになっています。

債務者区分 内容 融資可否
正常取引先 業績が順調で財務上も問題がない 積極的融資
要注意先 業績が順調ではなく減免処置や、延滞などがある 融資は厳しい
要管理先 要注意先の中でも3カ月以上延滞がある 融資は不可能
破綻懸念先 現状経営は破綻していないが破綻見込みが強い 融資は不可能
実質破綻先 破綻は発生していないが回復の見通しがない 融資は不可能
破綻先 経営破綻をきたしている 融資は不可能

 

ざっとですが、以上のような規定があるんですね。これを見ると、たとえば開業資金を融資してもらっていてその銀行への返済の減免処置、たとえば金利の引き下げなどをすでにしてもらっていたり、返済が滞っているような場合は要注意先とみなされてしまいます。そういう状況ですと、融資は厳しいのが現状です。でもまだ可能性はありますが、さらにそこから3カ月に渡って同じく延滞しているならば、今度は要管理先となり実質融資は不可能ということになってしまいます。

 

それですでに銀行への返済が厳しくなっていて相談しているような現状ですと、銀行は追加の融資や借入に関してはかなり消極的になってしまいます。もちろん杓子定規に上記の規定を当てはめている訳ではありません。この金融検査マニュアルにも柔軟な対応をするような文言も含まれています。また銀行によっても対応はかなり変わってきます。地方銀行や信用金庫などは地元密着な経営スタンスですので、親身になってくれる場合もあります。

ですが基本的には上記のような金融庁からのマニュアルがあるため、それにしたがった対応を銀行はとっていると言えます。

銀行が貸し渋る理由がお分かりいただけたでしょうか?もし上記に該当しないならば、銀行との交渉を進めてみる価値があるかもしれません。

 

診療報酬ファクタリング-医療機関専門の資金調達の方法 TOPページへ

 

 

-management

Copyright© 診療報酬ファクタリング , 2019 All Rights Reserved.